営業時間 10:00~20:00【土日祝は18:00まで】

土日祝日もサポートしています 不妊妊活治療専門 さいたま市大宮区

「いのち」を迎える【E-book】をまずはGET

【生理周期別解説】高温期を解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市大宮区にて不妊妊活の専門治療院を運営しています 妊活のアドバイス、カウンセリングをしながら、「授かり力」をアップする治療を行っています。整体では姿勢矯正、腰痛治療を得意とする 鍼灸師/あん摩マッサージ師/柔道整復師/医薬品登録販売者 ※娘が生まれて溺愛中

 

女性の生理周期は

月経期
低温期(卵胞期)
排卵期
高温期(黄体期)
月経期

という順番でカラダの変化に名前が付いています。

今回は高温期です。

生理周期

 

その他の変化解説はこちらからどうぞ!

低温期

高温期

排卵期

月経期

 

この記事ではこんなことを書いてます

高温期の基礎体温と子宮・卵巣内の状態

 

高温期に活発になるホルモン:プロゲステロン(黄体ホルモン)

基礎体温:36.60~37.05℃

期間:12~14日

 

 

 

※個人差がありますので、あくまでも平均の目安の体温を記載します。

 

 

※低い方はこれよりももっと低いですし、高い方は高いですが治療していくにあたって一つの目安として定めている院もあります。

 

 

 

子宮

子宮内膜は少し増殖します(1日に0.1mmずつ増えます)

 

 

この時期は、子宮内膜がフカフカのベッドを作りその状態を維持する時期です。

 

 

妊娠に最も重要な条件ですね!!

 

 

女性のカラダは冷えガチですので、夏・冬問わず下腹部はしっかりと温めましょうね♪

 

 

 

どうして温めないといけないの??

患者さま

 

 

子宮は筋肉でできていますので、冷えているとホルモンの命令をきちんと受信できず命令に従って機能しなくなったり、経血を排出するために子宮の収縮がスムーズにできずそれがこむら返りのような痛みとして感覚的に現れ生理痛がひどくなります。

 

これが生理痛のメカニズムです。

 

イメージすると子宮ができたてのふわふわなパンから、だいぶ時間が経ってしまった冷たくて硬くなったパンみたいな感じです。

 

逆に血液供給がスムーズで子宮が温かいとホルモン供給など機能しやすく、プロスタグランジンなどの代謝物質にもしっかり対応できます。

 

機能的な部分でいうと卵巣では卵子・卵胞の発育のことでも同じことがいえます!

 

また、月経前や月経時は「プロスタグランジンという」遊走性の発痛物質(代謝物質)も多く、活発になりやすい時期です。

 

子宮がきちんと物質代謝ができていないとPMSや生理痛がひどくなります。

 

ですので、女性にとって子宮を温めることはとても大事なんですよ(^^)/

もり

 

 

 

卵巣

卵巣では排卵されて残った卵胞が黄体ホルモンによって黄体化し、

 

 

次の月経が近づくにつれて黄体から白体に変わります。

 

 

白体に変わったころは機能が低下しプロゲステロンの分泌も低下します。

 

 

プロゲステロンが少なくなることで体温も徐々に下がっていきます。

 

 

 

その他の変化解説はこちらからどうぞ!

低温期

高温期

排卵期

月経期

 

実際にサポートでお話している内容をつぎ込んで
しかも無料で配布することにしました。

このE-Bookは総ページ数40ページに渡ってあなたに必要なことを書いています

妊活中のマインドや今日から実践できることなどお伝えしています

サポートを受けている方にも必ずお伝えしている内容です

ここでは言えない『特典』も付いています

詳しくはE-bookの最後で

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さいたま市大宮区にて不妊妊活の専門治療院を運営しています 妊活のアドバイス、カウンセリングをしながら、「授かり力」をアップする治療を行っています。整体では姿勢矯正、腰痛治療を得意とする 鍼灸師/あん摩マッサージ師/柔道整復師/医薬品登録販売者 ※娘が生まれて溺愛中











営業時間 10:00~20:00

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です